「ムーンライト3型」が爆売れ!〝志摩リン・テント〟がこよなく愛される秘密

2021年9月5日日曜日

マンガを楽しむ

t f B! P L

ムーンライト3型。スタッフバッグの中には魅力的なテントが詰まってます
 

モンベル「ムーンライト3型」はソロキャン派にピッタリ


リンが使ってるテント、どこも品切れだって…


実物がみたいのに…


人気マンガ「ゆるキャン△」のファンやキャンパーたちから、そんな声が聴こえてきます。


爆発的なキャンプブームの火付け役、主人公の志摩リン各務原なでしこらが使っているキャンプギアに大注目。


さらには劇場版アニメも2022年7月1日から全国ロードショーがスタート。熱視線がさらに高まり、ギアが爆売れしているためです。


リンが愛用するテントは、老舗アウトドアメーカー・モンベルの「ムーンライト3型」。


最大の特徴は、設営&撤収がめちゃラクなこと。


重量も軽め。自転車や原付を足にするソロキャン派のリンにピッタリ。


さらにファミキャンでも使えるスペックがあり人気が沸騰。


実は、私が10年ほど前に買って今も現役で活躍中の「3型」が、手元にあるんです。


この記事では「どんな感じのテントなのか見てみたい」と興味がある方へ。


3型」のスペック特徴を使用感と生活感が漂う写真で紹介、解説します。


写真の中のテントは少々くたびれてます。


でも、実物感アリ!記事をお読みになれば「こんな感じなんだ」と納得。「使ってみたい!」と好きになりますよ。


月明かりの下でも設営できる〝お宝テント〟在庫切れ続出

「志摩リン・テント」が爆売れしている原因は、実はもう一つあるんです。

ムーンライト」シリーズに新型が登場したため。

2022年10月時点で「3型」はカタログ落ち実際の店舗やAmazonなどのネット通販でも入荷が少ない〝お宝テント〟。

実物をみることがむずかしい状態です。

1.ムーンライトシリーズの3つの特徴


1979年にモンベルが同社の初代テントとして発売した「ムーンライト」シリーズ。

1型(1人用)、2型(2人用)、3型(3人用)、5型(5人用)、7型(7人用)、9型(9人用)の6種類

登山、ツーリング、キャンプで使えるロングセラーです。

2020年春には、従来のテントから30%軽量化され、テント内が広くなった1型2型4型が誕生。


爆発的なキャンプブームを受けたリニューアルといえます。


旧型のカラーはグリーンアイボリーの2色があります。テント本体の特徴は3つ


❶設営が名前の通り「月明かりの下でも簡単にできる」


作品ではリンが長野に原付でソロ遠征したとき、真っ暗な夜のサイトで手早く設営。


人気バラエティー「水曜どうでしょう」でも、どうでしょう班がドイツの真夜中の野っ原で「ここをキャンプ地とする!」と宣言。5型を設営しました。


夜でも簡単設営できる秘密は、軽量ポールが中を通るショックコードで一体化されていること


束になったポールをポンと投げるだけでパキパキッとポールがつながって、フレームが自立します


軽量ポール。手を離せばパキパキッとフレームが自立します


ポールの四隅をインナーのはじに固定。


インナーを持ち上げ上部ポールのジョイント部に引っかけて吊り下げ、フライシートを上にかけてペグで固定すれば完成!


所要時間は約15分から20分。ホントに簡単でラクチンです。


でもポールは折れやすいので、ご注意を!


自立したポールをインナーの四隅に固定します
                                        
 
インナーを持ち上げ上部ポール両はじのジョイント部分に引っかけ吊り下げます

                     
上からフライシートをかければ、はい完成!


❷蒸れずに快適、風にも強い


テント本体が風通しがいいので、蒸れずに快適。フライシートとの間も余裕があるのでインナーと触れず、結露ができないんです

防水加工とシームテープで雨漏りもなし。風が強くてもポールがしなって受け流すので、全然平気です。

❸焚き火の火が飛んできても燃えません


生地は難燃加工済み。焚き火の火が飛んできても燃えません


火がお隣のテントに飛んで焼けちゃった。そんなトラブルがありますがムーンライトなら心配なし。


でも焚き火の際は風向きや強さ、自分や近隣のテントの位置を確認してからやりましょう。


実は、私が「ゆるキャン△」にハマった理由は「あっ!リンが自分と同じテント使ってる!」という驚き。


リンが夜のキャンプサイトでテントを設営している姿に「そうそう、すごい簡単でラクなんだよね」と嬉しくなっちゃったんです。


2.リン愛用のムーンライト3型


ここからはリン、そして私(ちょっと恥ずかしい)が愛用する「3型」の特徴を解説します。


大人3人まで寝れます。重量は本体、ポール、ペグ、スタッフバッグ込みで3・8キロ


収納時のサイズは高さ約47センチ、横幅は約17センチ


少々大きめですがコンパクトなので2人組での登山、ツーリング、キャンプ向き


女性キャンパーにおススメです。


コンパクトなので、ソロキャンでもOK。


リンが愛用しているのは、バイク乗りのおじいちゃんにもらったから。


推察するに、おじいちゃんはツーリングで長距離移動するため、テン泊では「3型」の広々した空間で寝たかったのでは、と。


広くて快適。両端が内側にたるんでますが、ソロなら荷物を入れて寝れます

おじいちゃんはサイトで、スキレットでステーキを焼いて食べたりする人。バーナーなどの調理ギアも必要で荷物は多め


3型の前室とテント内はけっこう広いので、荷物をバッチリと収容が可能。それゆえに3型をチョイスしたのではないか、と。


リンは最初のころ、自転車に荷物を積んで移動してシンドそうでした。でも、免許をとって多めの荷物を積載できる原付にスイッチ。


長距離ツーリング&キャンプ派なので、前室やテント内に荷物を収容できて、ソロなら十分快適な室内の3型は、ベストチョイスです。


3.ファミキャンでの〝はしご泊〟にもおススメ


私がファミキャンを楽しんでいたころは、自分、奥さん、息子の3人に犬一匹の陣容。なので3型は適した空間でした。


春先や秋など夜寒くなる季節暖かくて快適。ただ、子供が大きくなったらキビシイ。大人2人&子供1人がちょうどいいですね。


カラーはグリーン。リンが使っているアイボリーと迷いました。買った当時のカタログなどはアイボリー推しでしたが、鮮やかな緑に魅かれました。


奥さんからは「イモ虫みたい」といわれ、早朝にはバッタが止まっていました。同系色で擬態が必要ないんですね(笑)。


日が差すと、テント内はグリーンの光りがぼんやり漂ってキレイですよ

私はコールマンの4人用ドームテントも持っていて、コイツで北海道のキャンプ場を〝はしご泊〟したことがあります。


頑丈で居住性もいいんですが、ポールを組み立ててインナーのスリープに通したり設営がめんどう。撤収もかさばって、実にめんどくさい。


1週間で4カ所泊まったんですが、そのたびに設営&撤収。ホント、大変でした。


その後に3型を買って設営したら「こんな簡単でいいのか⁉」って驚くほどラクチン


暑い時期にコールマンは広くて涼しいので、北海道以後は夏専用になりました。


まとめ・中古でもがんばって手に入れる価値は十分ある


ムーンライト3型設営&撤収が簡単、重量も約3・8キロで非常にコンパクト


用途的に向いているのは、


ファミキャンなら大人2人&子供1人ソロキャンならバイク、車などの足がある人


リンみたいなスタイルに挑戦したい」という方には、おススメ。


お値段は3万2800円(税別)。リニューアルテントが出たため、現在はカタログ落ち


店舗やネット通販では「現在お取り扱いできません」という在庫切れ状態です。


2022年11月23日時点で「amazon」に在庫があり、最安値は11万9000円
モンベル ムーンライトテント3型 廃番
 


amazonクレジットカードに入会すると特典が使えて6000円引きになります。


オークションサイトなどでも中古の取り扱いがあり、メルカリヤフーでは3万円から6万円台で落札されてました。


ある業者のサイトでは8万円以上で売り出されています。


高いですが、いいテント。「リンと同じ3型がいい」という人は中古でも手に入れる価値が十分あります。


グルキャン用の旧5、7,9型もネット通販で販売中です。


新1、2型が「在庫あり」の状態に


モンベルは旧3型のサイズ的に近い、新2型(2・46キロ)を推していると思います。


テントはモンベルのオンラインショップでも購入が可能2022年11月23日時点


1・71キロの新1型と新2型は「ライトタン」「スプリンググリーン」の2カラーが在庫あり


お値段は新1型が3万580円、新2型が4万1580円(いずれも税込み)。


新4型(4人用、8万4700円)も「ライトタン」「スプリンググリーン」ともに「在庫あり」となっています。


40年以上前の設計ながら、いまも十分使える旧型の改良版。スペックも上がっています。

ムーンライトと同じ自立式ポールで設営&撤収が簡単、広い空間が特徴の「クロノスドーム1、2型」(1人、2人用)も3万円台で販売中。

モンベルのノウハウが詰まったテントなので、おススメですよ!


自分が好きな「ゆるキャン△」とキャンプについても、下記の記事で紹介中です。




よろしければ、のぞいてみてくださいね。



このブログを検索

Translate

privacy-policy

お問い合わせ

名前

メール *

メッセージ *

QooQ