グーグーだって猫である 物語から学ぶペットロス症候群の克服の仕方

2021年6月5日土曜日

マンガを楽しむ

t f B! P L
ちょっとしたしぐさが何とも可愛くて

ペットを愛する人たちに読んでほしい作品                        


あまりベタベタすると、スッと離れる。

気が付けばいつの間にやら、そばにきて丸まって寝ていたりしてー。

勝手気ままで自由な、猫

楽しい時も、辛い時も、いつもそばにいてくれる親友でもあります。

でも、別れの時は必ずやってきます。

共に過ごした日々が濃密であればあるほど喪失感は重く、深い。

それだけに、ペットロス症候群に苦しむ人が多くいらっしゃいます。 そんな方たちに、ぜひ読んでいただきたいのが、人気マンガ「グーグーだって猫である」。

この作品は、女流マンガ家・大島弓子先生が愛猫たちと過ごした、濃密な日々をつづったマンガエッセイです。

愛情深いストーリーが展開され、心がほんわか、そしてじんわりとしてきます。

大島さんは長く〝連れ添った〟愛猫「サバ」を亡くし、悲しみに暮れます。

悲しみに沈む大島さんが出会ったのが、グーグー。

グーグーと出会い、暮らすうちにサバを失った悲しみを克服。再び訪れる別れにも、しっかりと向き合う。

ストーリーでの大島さんの姿には、ペットロスを克服するヒントがたっぷり詰まっているんです。

猫や犬などペットを愛する全ての人たちへ、この記事で作品を解説します。

  1. 大島さんの猫たちの愛し方
  2. 大島さんが別れの次に訪れるペットロス克服していく姿

この2点を中心に解説。お読みいただければ、きっとペットロスを克服できますよ。

どんな物語なの?


大島弓子さんの原作。1996年から2011年まで「ヤングロゼ」「本の旅人」で連載され、単行本、文庫本はそれぞれ計6巻刊行。

2008年に小泉今日子さん主演で映画化。2014、2016年にはWOWOWで、宮沢りえさんの主演でドラマ化されました。

約13年半ともに暮らした愛する猫のサバを失い、食事や睡眠がとれなくなった大島さん。

「ああしてあげればよかった」などと悔やみ、ペットロスに苦しんでいた。

立ち寄ったペットショップで、ケージの中でうとうとする子猫・グーグーと出会い、物語がスタート。

猫に限らず、生き物は病気にかかると大変。

ここが痛いの」なんて話せない。

グーグーに、急に症状が出て大慌て。大島さんは、あちこちの動物病院を駆け回ります。

でも、元気な時は、作品を執筆中でも背中に乗って「遊んで遊んで」と催促。

手のかかる子ほど、かわいくて、いとおしい。

大島さんは、グーグーとの濃厚な日々に没頭していきます。

宿命をしっかり受け入れる


でも、大島さんは時どき、グーグーのことを「サバ」と呼んでしまう。

ごめんごめん」と謝るけど、サバの喪失感からなかなか抜け出せない

ペットロスから脱出するには、「また新しい子を迎えて愛情を注ぐことが一番。

世間ではよくそう言われていますが、まさに金言。

一つの命と出会い、別れを経験して心にポッカリと穴が開いた人は、また新しい命を迎えて愛情を注ぐのが宿命

その宿命をしっかり受け入れること

ペットロスから抜け出す一つの方法であることを、大島さんは作品の中で実践し、教えてくれます。

1.大島さんの愛情の注ぎ方が素晴らしい

 大島さんが愛情を注ぐのは、グーグーだけじゃありません。

家のベランダから猫の鳴き声を聞きつけると、すぐに捜索を開始します。


真夜中の藪をさまよい、草むらの中から子猫を発見。「家の子」として保護する。

自宅の庭に遊びにくる野良猫には、距離感を保ちつつごはんをあげる。

距離を少しづつ縮めながら「家の子になりな」と問いかける。


大島さんのアプローチの仕方が、本当に愛情にあふれているんです。

ドタバタの日々がいとおしい


大島さんが世話をする猫たちは十匹以上に上り、ドタバタの日々が続きます。

それでも、1匹1匹のことを真剣に考え、手厚く、優しく世話をしていきます。

目が見えなくても懸命に生きる子のために、外へ散歩に連れ出して順応性を高める。

最後まで「家の子」にならず、自宅の庭ですごそうとする子のために、少しでも寒さをしのげるように、安らげるようにしたい。

そんな思いから自前で段ボールで簡易ハウスを製作する。

その簡易ハウスの中で、一匹の野良猫が静かに息を引き取ります。

静かに眠るその子に、大島さんは「もっと、やってあげられることはなかったのか」。

そう、自問自答します。

この姿勢が、サバの喪失の悲しみを克服できた最大の理由です。

あとで後悔しないように、自分ができるかぎりの愛情を注ぐ

ペットロスと闘うためのポイント。大島さんがサバの喪失感から抜け出せた理由なんです。

2.ペットロスの克服、そして昇華へ


寝顔がたまらなくかわいい


最終回のエピソードは、切なくてたまりませんでした。

グーグーは加齢のため体が弱り、避けようのない別れの時が訪れます。

大島さんは、出会った頃のようにグーグーと一緒にベッドで眠る。

その深夜、グーグーが自分を見ていることに気づき、その表情に「ああ、ご臨終だ」と悟る。

大島さんが指をグーグーの手に乗せると、キュッとその指を握ってきた…。

私は静かで、一人で集中することができる真夜中に、マンガを読むことを至福としています。

このシーンは何度読んでも涙が流れてしまいました。

深夜にオッサンがマンガを読みながら泣いている姿は、異常に見えるでしょうが…。

まとめ・きっと動揺するけど、この作品を参考に克服したい


実はわが家にも犬がいます。私のプロフィールの写真に出てくる子です。

写真は子犬のころですが、今はこの子もお年寄り。

ひざは悪いし、目も白内障のため、しっかり見えていない。

それでもがんばって毎日を過ごしています。

でも、そう遠くない日に、別れが訪れるでしょう。

ここまで理屈っぽいことを書いてきました。

でも、実際に別れの時に直面したら、私は激しく動揺すると思います。

大島さんはグーグーとの最後の別れを、絵ではなく文字で淡々と説明しています。

そこには、つらく悲しい別れをしっかりと受け入れ、克服。

さらに昇華させた大島さんの心情がかいま見えて、すごく切なくなります。

でも、愛犬との別れが訪れた時、私はこの作品を思い出し、新しい命を迎えると思います。

そして新しく出会う子に、愛犬と同じくらい、それ以上の愛情を注ぎたい。

そうすることで、必ず喪失感を克服できる

そう確信しているんです。

ペットロスに苦しんでいる方は、大島さんの作品をお読みになり、ぜひ参考にしてください。

絶対に克服をアシストしてくれます。

当ブログでは、ほかの「ネコマンガ」について紹介、解説しています。


ほかにも読めば楽しくなるマンガを紹介しています。ぜひお読みください。



「グーグーだって猫であるをすぐに読みたい!」という方は、スマホなどにダウンロードしてすぐに読める電子書籍版がオススメ。

「ebookjapan」「BOOK☆WALKER」などのマンガストアなら無料で試し読みができますよ。

全巻無料で試し読みができる「ebookjapan」

月額840円で単行本20000万冊以上読み放題「BOOK☆WALKER」



このブログを検索

Translate

privacy-policy

お問い合わせ

名前

メール *

メッセージ *

QooQ